2015年02月22日

エースたちが君をエースと気づき始めてから早9ヶ月

サービスインから9ヶ月も経ってたのかー、みたいな感じで。
なんだかんだ言いながら1日6回の支給燃料と、コラボチャレンジが来た時と開発ツリーが伸びたとき用の備蓄燃料を使って、ろくでもなく広いこの空を飛んでます。

エリア88コラボで初めて上位報酬取りに行ったりTDMでフルボッコにされたり、放置していた期間にあった鉄拳コラボの機体が意外に使えるっぽくてぐぬぬしたりして。

4時間に1回がβから覆らなかったのは残念だけど、それ以外はしっかりエースコンバットしてるのが楽しい。
強化パーツ要素・機体サイズ・機体タイプで性格を変えたり、エンブレムと通り名で自分をアピール出来たり。

ツリーの拡張が6回もあったんだなぁと動画を見返しながら大体を振り返ってみるなど。
第1拡張[14/07/17]:F-16F・JAS39C・F-15S/MTD・Su-47・各種軽量パーツ追加
[対人TDMイベント・ADFX-01 -PX-ドロップ]

第2拡張[14/08/21]:F-14D・F-15J・Su-33・Su-37・ASF-X・各種Lパーツ追加
[非常召集ストーンヘンジ・非常招集大規模掃討作戦・キャンペーン#07追加・コスト700未満通常機体レベル上限15へ・Rafale M -VA-ドロップ・アイマスエンブレムコラボ]

第3拡張[14/10/02]:F-5E・F-20A追加
[F-15C -PX-ドロップ・エリア88コラボイベント・蝶使い緊急追加・Weapon Base Assault追加・Moscow Battle追加・艦隊TDMイベント・鉄拳機体&エンブレムコラボ・キャンペーン#08追加]
SSSSSS.jpg

第4拡張[14/11/06]:YF-23追加
[各特殊兵装性能調整・Infinite Skiesプロモーションビデオ公開・F-15J -TG-ドロップ]

第5拡張[14/12/04]:X-29A・F-16XL・FB-22・B-1B・B-2A・特別支給チケット追加
[BOMBERクラス追加・宇宙戦艦ヤマト2199エンブレムコラボ・Area B7R Dogfight Battle追加・Tokyo Martial Law(HARD)追加・実在塗装アメリカ軍機イベント・実在特殊塗装自衛隊機イベント・非常召集アイガイオン&ストーンヘンジ#4期間限定投入・F-14D -JR-ドロップ]
ACITree_0120.png

第6拡張[15/01/22]:ATD-0・ADFX-01・ADF-01・X-02・各種複合強化パーツ追加
[通常機体コスト750自主規制撤廃・実在特別記念塗装自衛隊機イベント・実在特別塗装アメリカ軍機イベント・非常召集SOLG迎撃追加・Pipeline Distruction(HARD)追加・F-2A -NG-ドロップ]

こうしてみるといろいろあったんだなぁと思わされつつ、きつかったのはツリー拡張するたびに新規開発しだすので一度に7つ開いた第1拡張や、F-2AをLv10にした翌週辺りにLv15開放が来てぐんにゃりした時。
UGBが前方射出から垂直投下に調整された時はなかなか慣れなくて辛かった。


そんな感じで、T-50・F-15J -60-・Rafale M -VA-・Su-47・F-2A・F-2A -60-が現在のメイン。
主力機体.png主力機体その2.png
・T-50はステルスファイターとして誘導・弾数重視で4AAM装備の色付き非常召集用とHVAA・QAAM装備のTDM用、消すのがもったいない各特殊兵装の通常出撃用6セット

T-50はロシアファイタールートを進めていて、Su-37が未実装の時期にカナードフランカーないので仕方なくSu-35を進めようと思って、どうせツリー進めるんだしと思ってT-50育成に乗り換えた結果、なんだかんだでLv10に。Wikiのコメント欄にあった超追尾QAAMレシピ(15/01/22アプデで再現不能に)を入れてみたら自分のスタイルに合っていたのも一因。
デメリットとしては三次元推力偏向ノズルによる高機動性を再現しているところに、強化パーツでピッチLを投入して超高機動オバケになっているので他の機体が物足りなくなる点。

・F-15Jは非ステルスファイターとして通常出撃用と白系非常召集用の2セット
F-15J -60-はT-50をLv10にして一段落してた所で「イーグル系いっぱいあるしどれかひとつ育てておくのもいいかな」とか思ってたら、航空自衛隊60周年記念塗装のJイーグルがカットインしてきてこれだ!ってなりました。 千歳基地のギャラリーに載ってたので実機写真と見比べるだけでもう取って良かったと。
お陰で最新ツリーもある程度進み、T-50とF-2でメイン兵装のHVAA/QAAM/LASMがLv5になったのはまた別のお話。

・F-2Aは飛行開発実験団の#502カラースキン以外の各スキンでLASM洋上迷彩/UGB森林迷彩/RKTL通常迷彩(グレーパターン)通常出撃用、TDMでの高耐久+ステルスで4セット
F-4Gとハリアーでアタッカー楽しいってなったので、A-10AとF-2AとSu-25TMの三択だったらF-2選ぶよねっていう選び方をした結果、A/B有り単発機・LASMでコモナ大活躍・UGBでアルプスアイガイオンでも大活躍・RKTLでストーンヘンジとアイガイオン大活躍使いこなせてないというやたら万能アタッカーだった。

・F-2A -60-はLASM/UGBそれぞれ対地系非常召集と通常出撃を分けずに2セット
スロット数が通常[17/19/18]→ナガセ[23/20/20]→60th[23/23/23]と、ナガセを育てようとしていたらナガセよりも上が来ちゃったし、兵装も通常機体とまったく同じなので行ける!と。 -60- Lv10≒通常Lv13というスペックシートも強み。
通常機の魔改造最終段階には負けるものの、スロット自由度のお陰でいろいろ遊べて楽しい。

・Su-47はQAAM搭載で、Rafale M -VA-はHCAA搭載でそれぞれ1セット
Su-47はファイター以外のロシア機作りたい、でもフルバックはあんまり好みじゃない、ちょうどいい所にヴェールクトちゃん追加された!→作ろうの結果。
Moscow Battleで性能調整前はUGBポイポイしてるだけで6万点ポンとでたりしたので自重しないUGB特化セットもありましたが調整入ってつらたんになったので、QAAMの素の状態で通常ミサイル特化型を作って飛んでたら、QAAMの追尾性能にも調整が入ったので対空重視バランス型に落ち着きました。
天使ラファールはドロップ期間に出なくて、最近チケットと交換出来るようになったので使い始めた。
自由度高いのとベース速度が高いのもあって、F-2でこれとコモナで3:7くらいで負けてた理由がようやく判明w
耐久がペラッペラだけど、そこを補えばお手軽強い。 6AAMまで育てれば出れて使える戦場の幅がほぼ全域になるのも魅力。
何よりブルメタかっこいい。

・ひっそり2枚目の画像に載ってるF-16FとASF-Xは?
CFA-44が来たら無かった事にする育成枠。
ASF-Xはどっちつかずの状態を決めかねてる(天使のが色々と使い勝手が…)
F-16Fは、最近の機種限定イベントの準備というか仕込みをしておこうと-DR-が安くてHVAA搭載でそれなりに使えるかなーという。
ファルコン祭よりも先にスズメバチ祭がきそうだけど。
サブ機体.png
と、こんな感じのハンガー報告でした。
posted by ころろん at 05:32| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | AceCombat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/414455448
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。